感謝の夏

いつもご愛顧ありがとうございます。

今月は本当にたくさんの方にお買い求め頂きました。8月12日放送のよ〜いドン!にて、となりの人間国宝さんを頂き、そのおかげだと思っております。

梅ちゃんを見つけてくださったディレクターをはじめスタッフの方々、そしてお越し頂いて父と母の魅力を引き出してお伝えくださった円広志さん、スタジオで梅ちゃん餃子を食べて「美味しい」と仰ってくださった出演者の皆さん、本当にありがとうございました。
そして何より、ご覧頂いて興味を持ってくださって、ネットでご注文頂いたり、アンテナショップに買いに来てくださった皆様に心より感謝を申し上げます。本当に本当にありがとうございました。

アンテナショップでお客様をお見送りさせて頂く際、必ず「お口に合うことを願っております」という一言をお伝えさせて頂いております。
それを覚えてくださっているのか、またお越し頂く際、「美味しかったからまた来たよー!」と仰ってくださる方が多く、それが本当に嬉しいことでした。

また、ネットやアンテナショップでお買い求め頂いた方々の多くが、「美味しいから」という理由でご友人知人の方々にお勧め頂いているようで、「人から貰って美味しかったから買いに来た」「友達から強く勧められた」という声を聞かせて頂きました。

梅ちゃんの味を愛して頂いて、その上で勧めてまで頂いて、これ以上の喜びはありません。

この夏に頂いたご縁に感謝しております。
今後も食べ飽きない程度に、ご無理のないように、末長く梅ちゃん餃子を愛して頂けることを願っております。

夏の終わりと共に・・・

いつもご愛顧ありがとうございます。

期間数量限定で販売していた「夏の梅ちゃん餃子」ですが、アンコールにお応えしての追加生産分も含め残りわずかとなりました。
アンテナショップでの販売はすでに終了し、ネットで「食べ比べセット」と「3パックセット」「6パックセット」が数量残っているのみとなります。

多くのご愛顧ありがとうございました。

梅ちゃん餃子発売1周年記念として販売を開始した「夏の梅ちゃん餃子」ですが、おかげさまで多くのお客様にお召し上がり頂き、たくさんの「おいしい」というお言葉を頂きました。

梅ちゃんが夏の間だけ作っていた「夏の濃い味」を文字通り夏の間だけ皆さんにもお楽しみ頂けて嬉しく思います。

夏休みと共に開催されるオールスタゲームの直前、7月の甲子園での三連戦から、8月の高校野球までの間、梅ちゃんが「夏の暑さに負けないように!」と、普段より味も栄養も濃くした「夏だけの餃子」を、その期間に食べて頂き、少しでもその部分に思いを馳せて頂けたなら、これ以上の喜びはありません。

梅ちゃんにとっても「夏の甲子園」は特別。プロ野球選手から高校球児へ舞台の主役が移り変わる季節、そのどちらにも「おいしい」を提供し続けた、本当に特別な季節。

そして今、8月も終わろうとしています。残暑厳しいことに変わりありませんが、少し秋の気配を運ぶ風が吹き始めたような気がします。

そんな夏も終わりと共に「夏の梅ちゃん餃子」の販売も終わろとしています。

また来年、夏に販売を予定しております。皆さん、また来年「夏の甲子園」に思いを馳せながら「
夏の梅ちゃん餃子」をお楽しみください。

今年まだお試し頂いていない方は、まだ少量残っておりますので、是非お試しください。

ご飯にも少しこだわってみませんか?

いつもご愛顧ありがとうございます。

二日続けて食べた梅ちゃんカレー。今日も!と思いましたが、別のご飯が用意されていたので断念しました。三日連続でも全然大丈夫だったのですが・・・。

さて、昨日「もう一つこだわりがある」と書かせて頂きましたので、今日はそのお話を。

ズバリ!ご飯です!

カレーライスの良し悪しはご飯の力が本当に大きいです。そして、それはカレーの種類によってご飯も使い分けるというこだわりを是非持って頂きたいと思うのです。

梅ちゃんカレーに関していえば、カレー自体が若干サラっとしておりますので、出来れば余計な水分が飛んだご飯が良く合うと思います。

少し高価になりますが、秋田の曲げわっぱのおひつで美味しく冷ましたご飯を使うと、ビックリするほど美味しいです。

余分な水気を吸ってご飯がベトつかずふっくら仕上がったご飯は、カレーをかけた時のバランスが凄く良いのです。機会があれば是非一度お試し頂きたいです。

ご飯一つでこれだけカレーの味が変わるのか!ということを実感して頂けると思います。

勿論、好みの問題もありますので、水分が多いご飯がお好きな方もいらっしゃるかと思います。そこは皆さんのお好みでお楽しみ頂ければと思います。

そういう意味でも、ご自身の好みでご飯にも少しこだわってみませんか?というのが、梅ちゃん食堂からのご提案です。

具材に合わせてご飯の炊き方を変えてみたり、バターライスに合わせてみたり、色々お試し頂いてお楽しみ頂ければと思います。

カレーライスだけに、ご飯はカレーの相棒。両者が並び立って更に美味しく仕上がります。

梅ちゃんカレーは二日続いても大丈夫!

いつもご愛顧ありがとうございます。

今日も梅ちゃんカレーを食べてしまいました。
昨日食べてあまりにも美味しかったので、思わず今日も食べてしまったのです。

二日続いても全く問題ない!
毎日食べても飽きない!
梅ちゃんカレーは本当に美味しいカレーです!

今日はスーパーで買ってきたステーキ用モモ肉90gを使いました。
カレー肉を使っても美味しいのですが、焼いたり煮込んだり手間と時間がかかってしまいますので、時短で作れる部位をチョイスしました!

お肉を食べやすい大きさに切り分け、塩胡椒して焼いていきます。いつものようにカレー粉を振ることを強く推奨します。出来ればぢんとらさんのカレー粉(辛口)を使って頂ければよりいっそう美味しく仕上がります。焼けたら梅ちゃんカレーを投入!煮立たせて完成!所要時間5分!
煮込むタイプの部位ではなく焼くタイプの部位を使うところが時短のポイント。肉感を楽しみたいのであれば、モモ肉のステーキ用は値段も手頃でオススメです!

先ほども書きましたが、素材を炒める時にカレー粉を振ることを梅ちゃんも強く推奨しています。カレー粉はどんなものでも良いですが、やはりぢんとらさんの物が一番相性も風味も良いです。是非お試しください。

京都に行かれましたら、錦市場の「ぢんとら」さんに足をお運びください。

そんな訳で今日も美味しく頂きました。実はもう一つこだわりがあるのですが、それはまた明日のお話にさせてください。

とにかく梅ちゃんカレーは本当に美味しいです!
そしてやっぱり牛肉との相性が抜群です!

「相手を選ばない懐の深さ」
これは作った梅ちゃんの人間性そのもの。
だから美味しいんです。

やっぱり美味しい梅ちゃんカレー

いつもご愛顧ありがとうございます。

梅ちゃん餃子の話題ばかりなので、久しぶりに梅ちゃんカレーを食べました。

スーパーで買ってきた細切れの豚ロース130gをフライパンで塩胡椒で炒め、風味付けにぢんとらさんのカレー粉を振り、炒まったところで梅ちゃんカレーを投入!グツグツと煮立たせたら出来上がり!所用時間5分くらいでしょうか。

忙しい人でも短時間で本格カレーの出来上がり!
これぞ梅ちゃんカレーの醍醐味です!

実はアンテナショップでは梅ちゃん餃子と同じくらい梅ちゃんカレーが売れています。今年の6月はその販売数が梅ちゃん餃子を上回るほどの人気商品です。どうしても梅ちゃん餃子が人気先行している印象ですが、いやいやどうして、梅ちゃんカレーも大人気なのです!

店頭にお越しのお客様やメール等で頂く感想を聞いていると、皆さん本当に様々な梅ちゃんカレーを作ってくださっています。どんな具材ともマッチングするのも梅ちゃんカレーの醍醐味です。

私は個人的に「具材は一つ派」です。特に野菜はあまり入れません。野菜が嫌いな訳ではなく、梅ちゃんカレーの旨味凝縮のスープの中にしっかりと野菜のエキスが入っている為、あえて野菜を入れなくても良いというのが私の考えです。一つの具材に集中して仕上げる、それが私の梅ちゃんカレーです。

何も具材を入れずとも美味しい!という声を頂きますが、お好みの具材と合わせるのも梅ちゃんカレーの楽しみ方の一つ。是非皆さんも色々お試し頂ければと思います。

しかしこのカレー本当に美味しいです。こんなに美味しいカレーが餃子の隣で売ってたら無視出来ないはず!梅ちゃん餃子をお買い求め頂く際、梅ちゃんカレーのことも思い出して頂ければ幸いです。

「相手を選ばない懐の深さ」
これは作った梅ちゃんの人間性そのもの。
だから美味しいんです。

おいしかったわ〜!

いつもご愛顧ありがとうございます。

8月12日のテレビ放送以降にお買い求め頂いた方々がリピートでアンテショップに連日ご来店くださいます。殆どのお客様が以下の一言を言いながら入ってこられます。

おいしかったわ〜!

そして「だから買いに来たのよ!」という言葉が続きます。

「おいしい」 一番嬉しい言葉です。

食べ物はその人の好みが一番大きな要因になりますが、多くの方々から「おいしい」と仰って頂ける梅ちゃん餃子や梅ちゃんカレーは、やっぱり本当に美味しいものなのだと思います。

我々もその自信を持って販売していますが、お客様の」「おいしい」という一言はその裏付けを頂いているようで、本当に本当に嬉しいです。ありがとうございます。

「この餃子以外考えられなくなった」と仰って頂くことも多いです。今までは別の餃子を常備していたけれど、今後はこの餃子を常備する!という意思表示をなさってくださる方もいらっしゃいます。

その全ての言葉が我々にとってはかけがえのない宝物です。心より感謝致します。

一度お買い求め頂いた方がまた扉を開いて入ってきてくださる瞬間が大好きです。
感想を聞かせて頂くことが大好きです。
皆さんにお会い出来ることが本当に大好きです。

皆さんの大好きな梅ちゃん餃子と梅ちゃんカレーと共にお待ちしています。
引き続きよろしくお願い致します。

「梅ちゃん餃子」の「梅」

いつもご愛顧ありがとうございます。

アンテナショップやネットでのお問い合わせで意外と多いのが「梅ちゃん餃子は梅味の餃子なんでしょうか?」というものです。

先日もアンテナショップで「梅味じゃない普通の餃子はありますか?」というご質問を頂いた際、

「梅ちゃん餃子」の「梅」は「梅味」の「梅」ではなく「梅田茂雄」の愛称である「梅ちゃん」から取ったものであることをご説明させて頂きました。

確かに「梅」という字からは「酸っぱい梅干し」を想像してしまうかもしれません。更には「梅しそ」的なニュアンスを想像されて「紫蘇」まで飛躍される方もいらっしゃって、少しだけ困ってしまうこともあります。

そういう話をしていると、「せっかくだから本当に梅味の餃子を作っても良いのではないか」「色んな味のバリエーションがあっても良いのではないか」という声もたくさん頂戴するのですが、あくまでも「梅田茂雄」が作ってきた餃子を再現して提供させて頂くのが、この梅ちゃん食堂のコンセプトですので、「無いものはお出しすることは出来ない」ことをご理解頂ければと思います。

先ほども書きましたが、「梅ちゃん」は「梅田茂雄」の愛称であり「梅味」の「梅」ではございません。自信と誇りを持って「梅ちゃんの味」を再現していきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願い致します。

しかし、それだけ多くの反響を頂いているということでもあり、本当に感謝している次第です。

アンテナショップからの発送のご案内

いつもご愛顧ありがとうございます。

アンテナショップにお越しのお客様より意外と多くご依頼頂くのが「発送のご依頼」です。

アンテナショップでも発送のご依頼を承ることは可能です。発送はクロネコヤマト便になります。ショップに置いてある送り状に記載頂ければ指定のご住所にお送り致します。

ショップからの配送に関しては、お申し込み頂いた翌日の発送になります。
在庫次第では翌々日になってしまう場合もありますので、お急ぎの方はご相談頂いております。

そこで、お急ぎの場合、さり気なく皆さんが愛用されている方法をご紹介します。

アンテナショップでお買い求め頂いた梅ちゃん餃子や梅ちゃんカレーを近くのクロネトヤマトの配送センターにお持ち込み頂くと即日発送が可能です。
梅ちゃん食堂アンテナショップから一番近いクロネコヤマトさんの配送センターまで徒歩5分ですので、それが一番早く送る方法になります。

お時間の余裕のある方はショップにて発送のご依頼を頂ければと思いますが、お急ぎの方は是非上記の方法でお送り頂くことをお勧め致します。

梅ちゃん餃子を送る場合は、必ずクール便(冷凍)でお送りください。

よろしくお願い致します。

梅ちゃん餃子にタレが付いていない理由

いつもご愛顧ありがとうございます。

昨日も書きましたが、お客様より頂くご意見ご質問に「タレは付いていないのか?」という声が多くあります。

梅ちゃん餃子にタレは付いていません。ではなく、梅ちゃん餃子にタレは付けません。

梅ちゃん餃子は、何も付けずに食べても充分美味しくお召し上がり頂けるようになっています。タレの分も具材の旨味と共に皮の中に包み込んでいます。溢れ出る肉汁の中に旨味が充分詰まっており、アクセントにラー油も肉汁の中に閉じ込めていますので、それだけで充分美味しく梅ちゃん餃子を楽しんで頂けると自負しております。

まずは何も付けずに一つ口に運んで頂ければと思います。

もし、そこで少し味を足したい、味を確変させたい、そういう場合は色々お試し頂くことで更にお楽しみ頂けると思います。

オーソドックスに酢醤油でも良し、市販の餃子のタレを使って頂いても良し、最近流行りの酢と黒胡椒でも良し、色々な味とマッチングする懐の深さも梅ちゃん餃子の魅力の一つです。

梅ちゃん餃子そのものが「味の基本」です。そこにバリエーションを加えて頂くのは皆さんのお楽しみにして頂ければと思います。

一つの味を提示して、味の可能性を狭めたくない、それが梅ちゃん餃子にタレが付いていない理由です。

たくさんの感想を頂いています!

いつもご愛顧ありがとうございます。

よ〜いドン!で「となりの人間国宝さん」を頂いてから、連日多くの方よりご注文を頂いております。本当にありがとうございます。

多くの方に食べて頂き、色々なご意見を頂きましたのでご紹介したいと思います。

「冷凍餃子と思えない程のクオリティ」

どれもこれも梅ちゃん餃子の良さを言い表して頂いてとても嬉しいです。
何度もここで書いていますが、梅ちゃん餃子は包んだ状態を急速冷凍しておりますので、焼き始めてフライパンの上で解凍が始まった時点で生餃子に戻ります。恐らく通常の冷凍餃子との違いはこの焼き始めで出るのではないかと思います。

「野菜の甘みがしっかりしている」

これも梅ちゃんのこだわりです。栄養補給と食感の両立を目指した結果なのですが、それ以上に実は野菜をみじん切りする形状にも梅ちゃんのこだわりがギッシリと詰まっています。野菜の甘みを押し出して食感を生む、それは梅ちゃんの野菜の切り方にあるのです。

「味のバランスが素晴らしい!」

初めて食べた人がよく口にして頂く言葉です。野菜の甘みに対する肉のジューシーさ、そして気づく人も多いですが、その肉汁にピリっとしたラー油が潜んでいて、それがアクセントになっている訳です。口に入れて噛むとジューシーな肉汁がラー油のピリっと感と共にやってきて、口の中に旨味が広がり、噛み始めると野菜の甘みが広がる。これこそが梅ちゃんが追求した味のバランスなのです。

「しっかりした濃いめの味なのに何個でも食べれる」

上記で記した通り、一口目のジューシーさの後に野菜の甘みが後追いでやってくるので、一個食べた後の感想は、最初のガツンと来る感じが野菜の甘みで包まれて、胸焼けするようなしつこさを感じないのです。女性の方でもたくさんお召し上がり頂ける秘訣は、そこにあるのです。

とにもかくにも、アンテナショップでも「本当に美味しい!」という声を頂きます。すでに放送後に三回も通ってくださる方もいらっしゃいます。

夏の梅ちゃん餃子をお勧めした際に「本当に丁度良いバランスだから、これ以上薄くても濃くても嫌!」と仰る方もいらっしゃいましたし、夏の梅ちゃん餃子の濃さを気に入ってくださる方もいらっしゃいました。お好みでお楽しみ頂ければと思います。

後、意外に多かったのが「タレは付いていないのか?」というご意見です。

梅ちゃん餃子は、単体でしっかりとした味がついています。そのままお召し上がり頂いても充分美味しいです。ある意味、タレ分の旨味も餃子の中に入っていると思って頂いても良いのではないかとすら思います。
タレに付けることを前提にしていないのでタレが付いてないということをご理解頂ければと思います。少し違った味をお楽しみになりたい場合も、皆さんのお好みでお楽しみに頂ければ幸いです。

梅ちゃん餃子は飽きの来ない「冷凍庫に常備したい餃子」です。気に入って頂けたら、是非食べ続けて頂きたい、そう切に願う次第です。