SALEのお知らせ

いつもご愛顧ありがとうございます。

現在、BASE店、Amazon店共に全品30%オフのセールを開催中です!

パッケージリニューアルに伴い、現行パッケージの最終販売となります。この機会に備蓄用も含め、お買い求め頂ければと思います。

現行パッケージに思い入れがある方もこの機会にお買い求めください。

よろしくお願い致します。

リニューアルのお知らせ

いつもご愛顧ありがとうございます。

今日は皆さんにお知らせがあります。

今春、梅ちゃん食堂、並びに梅ちゃん餃子と梅ちゃんカレーをリニューアルすることになりました。
味を変える訳ではないのでご安心ください。

かねてより多くのお客様から「ギフトとして使いたい」「手土産に特化した形式にしてほしい」という声を寄せて頂いておりました。

また、「梅ちゃん食堂」というブランド名に対しても、「本当の食堂があってそこで食べれると思っていた」という誤解を生む結果となっておりました。

色々検討した結果、そのものズバリ「芦屋うめちゃんの味」という屋号に変更することになりました。併せて、梅ちゃん餃子は「芦屋うめちゃん餃子」、梅ちゃんカレーは「芦屋うめちゃん咖喱」という名称に変更致します。

屋号を変更するにあたり、その文字をソフトバンクホークスの王会長に書いて頂きました。「梅ちゃんが作って多美ちゃんが支えた味だから」と言って快く応じてくださいました。心より感謝致します。本当にありがとうございます。

餃子もカレーも従来のものと同じ味、同じ形態で販売しますが、餃子に関しては、ギフトとしてお使い頂けるように、「箱入り(20個)」を新たにラインナップに加えます。カレーも専用の包装を行いますので、餃子とカレーを同梱して「芦屋の手土産セット」としてお送り頂けるようになります。

実際、芦屋のお店では餃子とカレーをご一緒にお買い求め頂き、そのままお持ち頂くことが多く、その方々が「芦屋の手土産といえばこれ!と思っている」と仰ってくださるようになりました。

発売から皆様にご愛顧頂いたパッケージを新しくすることになりましたが、皆様により愛して頂く為の決断とご理解頂ければ幸いです。

完全移行は2020年4月1日を予定しております。
進捗状況は当ブログでお伝えしていきます。
引き続き今までと変わらぬご愛顧の程、よろしくお願い致します。

お知らせ

いつもご愛顧ありがとうございます。

2月8日、梅ちゃん食堂から皆様に大切なお知らせがあります。

その準備の為、明日と明後日の当ブログはお休みさせて頂きます。

発表をお待ち頂ければ幸いです。

引き続きよろしくお願い致します。

梅ちゃんの丁寧な仕事

いつもご愛顧ありがとうございます。

お客様から「梅ちゃんはもう料理はしないの?」とよく聞かれることがあります。

となりの人間国宝さんを頂いた番組内でも梅ちゃん自身が発言していましたが、梅ちゃんは現在、奥さんの多美ちゃんの為だけに料理を作っています。

料理人として生きてきた中で、家庭を省みる余裕はなく、ただただ仕事一筋、命をかけてきた梅ちゃん。そんな毎日を送ることが出来たのは、奥さんの多美ちゃんのおかげ!ということで、引退後は料理だけではなく家事も全て梅ちゃんが行っているのだそうです。

仕事で料理をしてきた梅ちゃんだけに、その仕事は本当に丁寧で、多美ちゃん曰く「家庭でお金を払って食べるものを食べさせてもらっているようなもの」だそうです。

極端な例ではありますが、梅ちゃんは、インスタントラーメンを作る時も、水ではなく自身がとったスープをベースに作るのだそうです。

梅ちゃんは早朝からスープをとる為、梅ちゃん家は朝から物凄く良い匂いがするのだそうです。

家での料理にそんなに丁寧な仕事は必要なのか?との問いに対し梅ちゃんは、「ただただ美味しいという一言が聞きたいだけ」と笑います。美味しいと言ってもらう為には、丁寧な仕事を積み重ねるしかない、自分が作ったものを食べてもらう時、その過程がないものは出せない、それが梅ちゃんの基本姿勢なのです。

製品化された梅ちゃん餃子や梅ちゃんカレーにも、その梅ちゃんの丁寧な仕事がしっかりと根付いているのです。

キャンプが始まると・・・

いつもご愛顧ありがとうございます。

プロ野球の春季キャンプが各地で始まりました。ファンの皆さんにとってはまさに「球春到来」と言った感じなのではないでしょうか。

梅ちゃんも現役時代は、年末年始の仕事を終えた後、2月1日を迎えて「今年も始まった!」と気持ちを新たにしていたそうです。

キャンプが始まり、春の甲子園の選抜高が決まり、梅ちゃんにとってもまさに「球春到来」といった感じだったのだと思います。

梅ちゃんと共に働いていた方々の証言によると、やはり梅ちゃんは2月1日を境に少しテンションが上がり気味になっていたとのことです。

プロアマ問わず野球と共にあった梅ちゃんの料理人人生、通常のホテルのメニュー以外に野球選手の為だけに作っていた「野球メニュー」を作り始める季節、それがキャンプ開始と同じ2月ということだったようです。

梅ちゃん餃子も梅ちゃんカレーも、2月から仕込まれて長いシーズンを共にしてきた味。

キャンプが始まると、その時のことを思い出し、商品化された梅ちゃん餃子と梅ちゃんカレーを感慨深く味わう梅ちゃんなのでした。

冬の梅ちゃん餃子?

いつもご愛顧ありがとうございます。

アンテナショップでよく「夏の梅ちゃん餃子はもう出さないの?」とご質問を頂きます。その都度「夏になってからのお楽しみです」とお答えしているのですが、今年の夏もリリースするかどうかはまだ決定していません。代わりに別の梅ちゃん餃子が出るかもしれません。その辺も含めお楽しみになさって頂ければと思います。

そしてもう一つ「冬の梅ちゃん餃子は出ないの?」という質問も頂きます。先ほど来られたお客様も「もうすぐ冬も終わるけど冬の梅ちゃん餃子を出さなくて良いの?」と、笑いながら仰っていましたが、割と本気で「出さないのか?」という部分を強調なさってました。

結論から言いますと、「夏は出ても冬は出ない」です。

ここで何度か書かせて頂きましたが、梅ちゃん自身が「餃子は夏の食べ物」と思っているからです。いや、餃子だけではなく、梅ちゃんの中で野球選手に提供していたメニューは、全て「夏のもの」というイメージがあるのではないかと思います。

春の選抜に出場する選手さんのお世話を終えるとプロ野球が開幕し、気候もどんどん暑くなり、そのピークに夏の甲子園の選手さん達のお世話があり、その期間に出すメニューは全て「夏の食べ物」というイメージなのだと思います。

とはいえ、餃子もカレーも全て通年食べて頂くものです。梅ちゃん餃子も梅ちゃんカレーも四季を通じて美味しくお召し上がり頂けると自負しております。
皆さんに四季を通じて食べ続けて頂けていることが、それを証明してくださっていると思っております。

そして、夏の梅ちゃん餃子に関しては、「夏の一ヶ月だけ味と栄養素を濃くしたものを出していた」ということもあり、それを再現したものをリリースしたのですが、冬に味を濃くすることはなかったので、「冬の梅ちゃん餃子」はリリースされることは無い!と断言出来るのです。

そんな話を梅ちゃんにしたところ、「冬の梅ちゃん餃子は皆さんがもう作ってくれたよ」と嬉しそうに笑っていました。
「お鍋に入れてくれたり、皆さんが各々楽しんでくださっていることが、冬の梅ちゃん餃子ということだと思う」と、本当に嬉しそうに笑っていました。

2月の芦屋の街

いつもご愛顧ありがとうございます。

今日から2月です。2月は例年寒いイメージですが、そのイメージ通り今日は寒い日となりました。

そして、アンテナショップの窓から見える外の景色が少しづつ変わってきたように思います。つい先日まで17時になると真っ暗でしたが、最近はまだ明るささえ感じます。そういう部分だけを見ていると春の訪れがすぐそこまで来ているように思えます。

とはいえ、まだまだ寒い日が続きそうですので、皆様くれぐれもお身体ご自愛ください。

そんな2月の芦屋の街ですが、相変わらずのんびりした時間が流れているような気がします。
アンテナショップがあるJR芦屋駅北側のエリアも少しゆっくりした時間が流れているように感じます。

3月になると駅ビルが完全リニューアルするようですし、少しづつ芦屋の街も変わっていくのではないかと思います。

そんな中、梅ちゃんの味だけは変わらず皆さんにお届けしたいと思っております。

今後ともよろしくお願い致します。

今月もありがとうござました!

いつもご愛顧ありがとうございます。

今日で一月も終わり。2020年が明けてもう一ヶ月も経過したことになります。今年は暖冬であまり冬を感じることはありませんが、年末年始はさすがに冬を感じさせ、その年末年始が終わり一ヶ月が過ぎようとしている今、本当に冬を感じることなく春を迎えるのではないか?と思わざるをえないような毎日です。

今月は餃子の初売りが8日からとスロースタートになってしまい、楽しみにしている皆様にご迷惑をおかけすることになり、本当に申し訳ありませんでした。

8日以降は在庫も流通も安定し、またネットや店頭でお買い求め頂くことも多く、本当に皆様のご家庭に梅ちゃんの味が浸透しているようで、とても嬉しく思います。

来月も引き続き梅ちゃんの味をご家庭でお楽しみ頂ければと思います。

今年は更にステップアップ出来るよう、明日からまた気持ちを引き締めて頑張っていきますので、引き続きよろしくお願い致します。

保証される味の再現!

いつもご愛顧ありがとうございます。

梅ちゃん餃子は、梅ちゃんが長嶋さんの第二次政権時のみに作っていた餃子を再現したものなのですが、それがどれくらい再現出来ているかを表すエピソードがあります。

当時、梅ちゃんの元で働いていたコックさんが、現在神戸の元町でお店を開いています。

そちらに福井シェフは、梅ちゃん曰く「一番真面目な男」だそうで、今でも梅ちゃんと一緒に作ったものを作れるほど、修行時代の全てを大事にされている方です。

その福井シェフに梅ちゃん餃子を食べてもらったところ、「これ!この味!」と顔を綻ばせた後、「料理長と一緒に作っていたあの餃子が完全に再現されている」と太鼓判を押してくれました。

一緒に作っていた人が言うのだからその再現力は間違いのない保証付き!

福井シェフだけではなく、当時食べたことがある野球関係者の方々も「これ!この味!」と仰ってくださいます。その中でも一番真面目で味に対する探究心が強かった福井シェフの言葉は本当に心強いです。

福井シェフのお店「タベルナ・カルボ」というお店で、元町商店街にありますので、美味しいイタリアンを手軽に食べれるお店ですので、皆さん是非足をお運びください。

タベルナ・カルボ
神戸市中央区元町通2丁目6-2 2F
078-331-1330
平日 11:30~15:00/17:00~22:00(LO 21:00)
土日祝 11:30~22:00(LO 21:00)
水曜日定休

冷凍庫の空きとご相談ください

いつもご愛顧ありがとうございます。

梅ちゃん餃子や梅ちゃんカレーをお届けものにお使い頂く機会が増えてきました。大切な方等に梅ちゃんの味をお勧め頂けるのは本当に嬉しくありがたいです。感謝しております。

そんな中、お客様とのやり取りの中で多いのが、「送る個数」です。アンテナショップにお越し頂くお客様からもよくご相談を受ける内容です。

手土産にお持ち頂く場合でも発送する場合でも、「せっかく送るのだからたくさん送ってあげたい」という、我々にとってもとてもありがたいお話が多いのですが・・・。

実は、届く側にとってはたくさん送られると迷惑になってしまう場合もあるのです。実際に「たくさん届いて困ったことがある」というご意見を直接聞かせて頂いたこともあります。

結局、せっかく届いても「冷凍庫に入らない」ということになれば、その日の内に食べる以外、方法が無かったりするのだと思います。

これは本当になかなか難しい問題ではあると思うのですが、送り先の方の冷凍庫事情(例えば大型ストッカーの有無等)が把握出来ているのであれば、たくさんの量をお持ち頂いたり送って頂いて良いかと思うのですが、そうでない場合は、やはり「3パック」くらいからが一番良いのではないかと思います。最悪、貰ったその日に食べ切れる量だと思いますし、パツパツの冷凍庫でもなんとかなりそうな、そんなギリギリのラインなのではないかと思います。

割と「余計なお世話」的な話で、甚だ恐縮ではありますが、そこは是非ご検討頂きたい部分です。
よろしくお願い致します。

カレーは常温保存ですので、気にせずたくさんお届け頂いても大丈夫ですー!